桑の葉

青汁の栄養素を知ろう

健康を気にされている方が多いかと思います。
栄養バランスを考えた食事を作っている方も多いと思いますが、慢性的な野菜不足の方も少なくありません。
そこで青汁です。
青汁には緑葉野菜の栄養素がたっぷりと含まれており、手軽に野菜不足を補うことができるといった優れものなのです。

青汁には、色々な成分が含まれているのですが、中でも「ビタミンA」や「リン」、「カリウム」などが多く含まれています。
ビタミンAは、成人男性であれば一日に 2,000 IU必要とされています。
また女性であれば一日1,800 IU必要です。
不足した状態が続くと、皮ふが乾燥したり歯や骨が変形したり発育不良になる場合もあると言われている他、乾燥眼炎や夜盲症に繋がることもあるとされています。

また青汁といっても、それぞれ使う材料によってその栄養素も変ってきます。
青汁によく用いられているのが「大麦若葉」ですが、大麦若葉にはビタミンやミネラルの他、酵素や食物繊維も多いなどの特徴があります。
新陳代謝を良くしたり、活性酸素を予防する働きもあるSOD酵素も含まれているのが特徴です。

また「ケール」を使っているものも人気がありますが、味に少々苦みがあるもののこちらも素晴らしい食材です。ケールには、バランスよくミネラルやビタミンが含まれているのはもちろん、発ガン物質であるニトロソアミンを抑えてくれる働きが期待できたり、血糖値が上がるのを抑えてくれるなどの働きも期待できます。
また、他にもアレルギーの改善も期待できるとも言われています。
この他にも、ヨモギや小松菜なども使われたりしています。

使う材料によって味も風味も異なります。
しかしながら、かつてのものよりも飲みやすく美味しくなっているものが多くなっています。
風味も工夫されていて良くなっているものがたくさんあります。

青汁を選ぶ時は、どのような材料を使って作られているのかをチェックしてみるのもお勧めです。
どのような目的で青汁を飲みたいのでしょうか。
それに合わせて、自分が良いと思うものを探してみてください。
いつでも簡単に飲むことができますので、ストックしておくと安心です。